白を基調としたベッドルーム

採用活動の一環として東京のマンスリーマンションを活用しよう!

マンション外観

働き手や後継者が見つからず、廃業に追い込まれる企業が増えています。この傾向は全国的にみられますが、東京の会社で採用活動が難航する一つの大きな原因は、東京の生活費、ことに住居費の高さです。東京で働きたい人は大勢いますが、高額家賃に対して何らかの援助がなければ、仕事そのものに興味があってやりたいと思っていても、現実的に生活が立ち行かないことが目に見えているので、応募しないという人も少なくありません。そのような状況で、採用活動に何らかのブレイクスルーをもたらすには、マンスリーマンションを活用して社員用住宅を用意するという方法が有効と考えられます。
マンスリーマンションは、名前だけ聞くと、月単位で借りる物件であり、長期利用は不可能という認識の人も多いかもしれません。そういうわけではなく、マンスリーマンションは月単位で入居退室が出来る分、フレキシブルな使い方が出来るということで、長期利用も可能です。社員用の住宅として使う場合は長期利用が前提になりますが、その場合は、不動産業者へ相談すれば、何らかの割引をしてもらえる可能性も高いです。
マンスリーマンションというシステムを上手く利用して社員用の住宅対策に力を入れることで、採用活動が一転して上手くいくようになるかもしれません。

繁忙期に東京のマンスリーマンションを借りて通勤の負担を軽減しよう

東京のマンスリーマンションの一つの大きなメリットは、東京都内のいたるところに利用できる物件があるということです。東京に家がある人でも、職場には、いくつもの電車を乗り継いで、長い時間をかけて通勤しているというケースは珍しくありません。そんな方にとって、繁忙期は特に、長距離・長時間の通勤は厳しいものがあるのではないでしょうか。
1か月~数か月程度、プロジェクトなどが立て込む繁忙期があるなら、職場近くにマンスリーマンションを借りて、そこで寝泊まりするという方法もあります。職場の立地にもよりますが、例えば、勤務先から徒歩圏内にあるマンスリーマンションを利用できれば、帰宅も出勤も随分楽になります。移動に時間がかからない分、睡眠や食事に時間を取れることも嬉しいですね。
マンスリーマンションにも様々なタイプがありますが、寝泊まりするだけであれば、必要最小限の家具類が揃っているワンルームやシングルサイズの部屋で十分でしょう。勤務先近くという条件で検索してみれば、利用しやすい賃料のマンスリーマンションが見つかるでしょう。寝泊まりだけなら、水道や電気もあまり使用しない可能性もあるので、光熱水道費込みの賃料の物件の場合は、実費払いにするなどの変更が可能かどうか、不動産業者へ相談してみるといいでしょう。

東京のマンスリーマンションを活用して住環境整備サポートを拡充

従業員の定着率を改善するための一つの方策として、従業員が東京で生活する上で大きな負担となる住居費の軽減が考えられます。これを実現するために、不動産業者へ相談の上、東京のマンスリーマンションを従業員用の住まいとして活用してみてはいかがでしょう。
住居費軽減に関しては、住宅手当という形で現金を支給する企業は多いです。このやり方だと、賃料を一部会社に負担してもらったうえで、従業員各自が自分の好みの物件を利用できる点が大きなメリットになります。しかし、新卒の就職にせよ中途入社にせよ、採用が決まって東京への引っ越しが必要になると、大抵の場合はあまり時間的余裕がなく、住居探しそのものをスキップできる方が、多くの人にとってはありがたいものです。
その点、マンスリーマンションの部屋を会社の方で押さえておき、採用が決まった人には指定のマンスリーマンションへの引っ越しを指示する方が、採用側や従業員側も面倒がなくて好都合でしょう。会社指定のマンスリーマンションにとりあえず入居し、働き始めて昇給したら、通常の賃貸に移るなりローンを組んで家を買うなりするのは、従業員の自由ということにすれば、極めて合理的な方法で住居費軽減サポートが成立するでしょう。


東京でマンスリーマンションを借りるなら「アットイン」が便利ですよ。マンスリーマンションを東京で探す際におすすめとなっております。ぜひ一度チェックしてみてください。

新着情報

Top